とり天Bメン「さくっと十四郎」・冷麺団「麺田チュルみ」キャラクター紹介

とり天マップを操作

別府冷麺ホームページ

大分では皆が知っている「とり天」は、別府に限らず大分県民なら日常的に食べている、いわば「大分県民のソウルフード」とも言えるご当地グルメです。

このとり天は、大正時代に別府市に誕生した大分県初のレストランがルーツと言われています。
そのころは大変高価であったレストランの味を、「庶民でも楽しめる美味しい料理を提供したい」という気持ちから、材料の安い鶏肉を使って作られたと言われる、台湾中華をルーツとした鶏の天ぷらです。

当初はレストランの賄い食として食されていたようですが改良を加えて、戦後間もなく「炸鶏片(チャーチーペン)~鶏のテンプラ」としてメニューに掲載、多くの別府市民に楽しまれる料理となります。
そのレストランの料理人たちが独立し自分の店を持つ昭和20年代に、「とり天」は別府市内に広がりました。

ついには昭和37年ころ、隣の大分市にも広がり、現在では大分県を代表する郷土料理となっています。